« 今、私たちにできること | Main | 仁摩サンドミュージアム »

August 31, 2011

只見線・・・

月末の豪雨で一部区間普通が続いている只見線。偉大なるローカル線とも言われる只見線です。只見線は風光明媚な景色と一部区間は1日わずか3往復とローカル線好きには有名すぎる路線です。その只見線沿線は7月末の豪雨で甚大なる被害を被りました。そんな只見線沿線、災害復旧ボランティアを募集していたので参加してきました。

只見線なんか1回しか乗ったこともなく、全くゆかりもありません、それに自分がボランティアに行って邪魔にならないのか?などとネガティブな考えもありましたが考えているだけでは何も進まない、まずは行動してみようとの思いでボランティア募集先に連絡をとってみました、そうしたら大歓迎とのこと。思い切って連絡を取ってよかった、ほんのちょっとの勇気ですね。

ってことで磐越西線経由で会津へ。作業自体は誰にでもできること、しかし誰がしなければならないことなんですね。現地の方と一緒に作業を行いましたが現地の方のほうがとっても前向きなんですね。そう、作業をしないと次に進めませんからね。自分が作業に参加することで現地の方の日常業務、そして復旧するための手配業務が進むんだったらとても有意義なことなんじゃないかな?って思うことができました。

東北大震災の際に災害支援ボランティアに素人が行っても役に立たない、なんてことも言われましたが受け入れ側の態勢が整っていたら「やる気」があるのならどんどん参加すればいいのかな。「思っている」だけじゃ復興はできません。ほんのちっちゃなことでもなにもしないよりは1歩でも進むんです…。

よく考えるとこれは災害復旧だけではありません。「思っている」だけじゃ進みません。少しづつでも進化をつづけていく。普段の生活でも必要なことなのでしょうね…。只見線から大きくそれちゃったみたいですが…。

|

« 今、私たちにできること | Main | 仁摩サンドミュージアム »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 只見線・・・:

« 今、私たちにできること | Main | 仁摩サンドミュージアム »