« 神岡鉄道廃線へ | Main | 地鉄バス最終便延長の試み »

July 12, 2005

平行在来線運営会社は平成24年に

インターネットKNB

県並行在来線対策協議会(富山県)が11日発足、北陸新幹線開業によってJRから経営分離される北陸本線の運営会社は開業2年前の平成24年に設立する方針を固めたそうです。

ちょっと気になるのが「富山県」の対策協議会ってこと。北陸本線を一体として運営したほうがダイヤの策定、車両の運用等でも効率は上がるはず。

各県によって事情はあるかもしれないけれど運営会社は各県別々となるにしても隣接県による協議も必要だとおもうんですが・・・。報道では触れられていません。

ひょっとして協議会の中では触れられているんだけどマスコミのほうが触れていないのか?
ちゃんとした情報がほしいかも。

■平行在来線運営会社
 しなの鉄道
 IGRいわて銀河鉄道
 青い森鉄道
 肥薩おれんじ鉄道

|

« 神岡鉄道廃線へ | Main | 地鉄バス最終便延長の試み »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平行在来線運営会社は平成24年に:

« 神岡鉄道廃線へ | Main | 地鉄バス最終便延長の試み »