« 名古屋-富山線 NAL廃止 | Main | レボリューション1周年 »

November 13, 2004

のと鉄道お座敷列車

来春穴水-蛸島間の廃止が決まっているのと鉄道のお座敷列車に乗ってきました。Kissy の勤務する某スポーツクラブのシニア層初のお泊り旅行。旅行担当のKissy の趣味を充分に生かした企画ですね。(笑)

8月下旬のと鉄道のサイトを見て穴水駅の旅行センターに電話、秋の行楽シーズンの空きを問い合わせたらちょうどスクール休講期間にお座敷の空きがあり速攻予約しました。

列車の運行区間は穴水-九十九湾小木-七尾。往路穴水-九十九湾小木と復路穴水-七尾間は定期列車に増結。復路九十九湾小木-穴水間はなんと臨時列車として運転されました。

お座敷列車の外観は通常のNT100型と共通ですが、窓には障子がついています。お座敷の車内にはカラオケ装備!(村下孝蔵さんの「恋路海岸」を歌いたかったけど入っていなかった!!)

往路穴水-九十九湾小木は約1時間、のと鉄道さんに注文しておいたお弁当(お弁当にものと鉄道の車両が描かれていました。)を食べている間に九十九湾に到着。列車が一旦終点蛸島まで行ってくる間にわれわれは九十九湾遊覧船に乗船。リアス式海岸の景色と海底展望のできる船室もたのしかったです。

復路の九十九湾小木-穴水は臨時列車として運行。1泊旅行の2泊目に乗車ということで前夜はしゃいだお姉さまたちはお座敷列車でお昼寝モードのようです。鉄道マニア、ツアー担当(添乗員といってもいいのかな?)のKissy はお姉さま方にカラオケを勧めるが誰も歌わず・・・。

車窓案内と車掌さんの真似事モードでのんびりと七尾に向かいました。さすがにシニア層にはスーパーベルズねたは通じなかった・・・。

このツアーに参加した方たちもバスとは違った風景に感動していました。何度乗車してもリアス式海岸の車窓は廃止してしまうにはもったいないと思います。観光客を呼び込む方策は無かったのかな?

|

« 名古屋-富山線 NAL廃止 | Main | レボリューション1周年 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のと鉄道お座敷列車:

» のと鉄道お座敷列車 [Kissyの北陸鉄道情報]
地震関連で写真はお休みしていましたが、復興の願いも含めて写真集を再開します。 のと鉄道お座敷列車NT127型です。 [Read More]

Tracked on November 13, 2004 11:01 PM

» 続・お座敷列車 [Kissyの北陸鉄道情報]
お座敷列車の運転時刻についてですが、お座敷列車予約時にこちらの希望するだいたいの時間帯をのと鉄道さんに伝えました。のと鉄道さんから来たスケジュールは、往路... [Read More]

Tracked on November 13, 2004 11:03 PM

« 名古屋-富山線 NAL廃止 | Main | レボリューション1周年 »