« 100万人のキャンドルナイト | Main | ボーダフォン社長が辞任 - CNET Japan »

June 21, 2004

がんばれ富山港線

富山港線の支援で寄付を呼びかけ
(北日本新聞より)


◆ 支援実行委が発足 JR富山港線路面電車化

 JR富山港線の路面電車化に向け、富山港線を育てる会、富山ライトレール、富山市の
三者が支援実行委員会を発足させた。市民や事業所に市の事業助成基金への寄付を呼び掛
け、市民参加による地域公共交通体系づくりにつなげる。

 路面電車化では、市が路線や駅舎整備、車両更新などの施設関連費用を負担する「公設
民営」方式を採用するため、市は富山港線路面電車事業助成基金を設けている。

 基金は五億五千万円以上が当面の目標。市はJR西日本からの協力金の一部を振り向け
る予定だが、幅広い市民や事業所からの寄付金を基金に積み立てることで、住民のマイ
レール意識を高め、将来的な利用促進にもつなげたい考えだ。

 寄付金は一口一万円からで、何口でも受け付ける。希望者は市新幹線・富山駅周辺整備
課と各地区センターにある寄付申出書を入手して手続きする。

 問い合わせは電話076(443)2016、富山港線路面電車化支援実行委事務局ま
で。

富山港線の支援を呼びかけ。寄付金は1万円だとか。1万円を払ったらどうなるのかな?寄付だけ集めてどうなるのかが記事からは不透明ですね。それりのメリットがあるなら寄付してもいいとは思うけど…。

|

« 100万人のキャンドルナイト | Main | ボーダフォン社長が辞任 - CNET Japan »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がんばれ富山港線:

« 100万人のキャンドルナイト | Main | ボーダフォン社長が辞任 - CNET Japan »